アジアサッカー大会各種ブックメーカー

サッカーブックメーカーでアジアの各大会にチャレンジ!

サッカーの世界大会といえば
4年に1度開催されるFIFAワールドカップが最も有名ですが、

 

アジアでもさまざまな大会が定期的に開催されています。

 

サッカーブックメーカーでお馴染みのウィリアムヒルならアジアで開催されている各種大会も賭けの対象としていますので、

 

観戦しながら賞金もゲットしたいという方には大変おすすめです。

 

 

 

サッカーブックメーカーは
他のスポーツ競技などと比較して倍率が高く設定されています。

 

ということは、賭け金次第では一攫千金も夢ではないのです。

 

 

ここではアジアで開催されているサッカーの主要大会を紹介しますので、

 

開催された際はぜひサッカーブックメーカーにもチャレンジしてみてください。

 

 

以下、アジアで開催されている主要大会を紹介しましょう。

 

 

AFCアジアカップ

AFCアジアカップは、アジア諸国を対象に開催されている選手権大会です。

 

4年に1度開催されており、チャンピオンチームにはFIFAコンフェデレーションズカップへの出場権が与えられるため、アジアの各国代表チームとも国の威信をかけて戦う大会となっています。

 

2011年大会では日本代表が見事優勝を飾り、コンフェデレーションズカップに出場しましたが、コンフェデレーションズカップでは思うような結果を残すことができず、予選リーグ敗退という結果に終わってしまいました。

 

もちろん、AFCアジアカップの各試合もサッカーブックメーカーの対象となっています。

 

チャンピオンチームを予想するカードも用意されていますので、日本代表に賭けるのも面白いでしょう。

 

AFCチャンピオンズリーグ

AFCチャンピオンズリーグは、アジアでナンバー1のクラブチームを決定する大会です。

 

FIFAクラブワールドカップのアジア版といえばわかりやすいのではないでしょうか。

 

なお、AFCチャンピオンズリーグで優勝したチームには、FIFAクラブワールドカップへの出場権が与えられます。

 

ちなみに、2007年大会では浦和レッズが、2008年大会ではガンバ大阪がチャンピオンに輝きました。

 

トヨタプレミアカップ

あまり馴染みがない大会かもしれませんが、Jリーグのクラブチームが参戦するということもあり、サッカーブックメーカーには大変おすすめです。

 

トヨタプレミアカップは、タイと日本のクラブチームによる国際親善大会であり、トヨタ自動車のタイ法人がスポンサーとなっています。

 

2010年から開催されているのですが、2010年大会ではタイ・ポートFC、2011年大会ではブリーラムPEAが、2012年大会では名古屋グランパスが、2013年大会ではブリーラム・ユナイテッドFCが勝利しており、日本勢は負け越しています。

 

英国政府公認ブックメーカー!ウィリアムヒルはこちら!

 


サッカーブックメーカーを利用するとサッカーを10倍楽しめる!

サッカーブックメーカーを利用するファンは、
試合の結果が自分とリンクするので

超熱い応援が可能ですw

体験ない人は是非試してみてください
(20才以上限定)

サッカーブックメーカーの登録方法がわからない?
と、言う方は、下記に詳しく説明していますのでご参照ください。

サッカーブックメーカー始め方

サッカーブックメーカー登録方法

ブックメーカーの登録はとても簡単に出来ます

サッカー観戦がより熱くなるので面白いですよw