サッカーブックメーカーコラム ジダン

レジェンド~ジネディーヌ=ジダン

レジェンド~ジネディーヌ=ジダン

 

ジネディーヌ=ジダンほどレジェンドという言葉が似合う選手もめずらしいでしょう。

 

ユベントス・レアルマドリードという欧州屈指の名門チームで中心選手として活躍し、
フランス代表では母国開催のワールドカップで優勝、バロンドール1回、FIFA最終週選手賞を3回獲得しているというレジェンド中のレジェンドです。

 

 

また2001-02シーズンのチャンピオンズリーグ決勝では美しいボレーシュートを決め、今でも様々なハイライトに使われています。

 

 

そのプレイヤーとしての最大の特徴は繊細なボールタッチでしょう。

 

特にトラップは世界中の選手の見本と言われたほどでした。

 

足に吸い付くようなトラップや、相手が取れそうで取れない絶妙ない位置にボールを落とし、次のプレイを展開する姿は、ジダン一人が手でボールを扱っているかのようでした。

 

 

ジダンが世界最高の選手と言われた背景には、実はテクニック以外の要因もあります。

 

ジダンが活躍した1990年代から2000年代にかけてのサッカーは、フィジカル中心と言われる時代でした。

 

イタリアで生まれたゾーンプレスとラインディフェンスが世界中に浸透し、すべてのプレイヤーが狭いゾーンで戦う事を余儀なくされました。

 

 

もちろんジダンも例外ではなく、早いプレスと激しいタックルをかいくぐりながらそのテクニックを発揮していたのです。

 

 

テクニックを主体とした選手が活躍し辛かった時代において、
ジダンが輝きを放つことが出来た理由は、フィジカルの強さとメンタルの強さにありました。

 

 

フィジカルについてはユベントス時代に、徹底して体を鍛えました。

 

背中で相手を背負っても体制を崩さずにプレイする事が出来たのは、
当時のテクニシャン達がスペースを必要としたのに対して、非常に大きな特徴でした。

 

 

スペースがあれば勿論、相手を背中に背負ってもボールをキープし、
テクニックでかわしてフリーになることが出来るというのは、現代のフィジカルとテクニックが融合したサッカーの見本とも言うべきプレイでした。

 

 

メンタル面での特徴は、ピッチ上では非常に闘争心が強くファイトを辞さない選手でした。

 

 

ワールドカップ決勝での頭突きが有名ですが、それ以外にも同様の事件を何度か起こしています。

 

しかしそういった気の強さが、あたりの激しい中盤で削られたとしても、何度でも立ち向かう姿勢に繋がっていたのではないかと思います。

 

心技体も持ち合わせた、サッカー選手の一つの理想形として、ジダンはいつまでも語り継がれるレジェンドなのではないでしょうか。

 

レアルが銀河系と言われるきっかけの一人

 

ゴール集ではなくタッチ集?ジダンの凄さが良く分かる

サッカーブックメーカーを利用するとサッカーを10倍楽しめる!

サッカーブックメーカーを利用するファンは、
試合の結果が自分とリンクするので

超熱い応援が可能ですw

体験ない人は是非試してみてください
(20才以上限定)

サッカーブックメーカーの登録方法がわからない?
と、言う方は、下記に詳しく説明していますのでご参照ください。

サッカーブックメーカー始め方

サッカーブックメーカー登録方法

ブックメーカーの登録はとても簡単に出来ます

サッカー観戦がより熱くなるので面白いですよw