アレッサンドロ=ネスタ

レジェンド:アレッサンドロ=ネスタ

ネスタはカンナバーロと並んで、イタリア最後のカテナチオの申し子とでも言うべき存在でした。

 

アレッサンドロ=ネスタ レジェンド

(サッカー選手らしからぬ髪型がカッコいい)

 

 

カンナバーロとは好対照といえるプレイスタイルで、
スピードが速くアグレッシブなディフェンスでボールを奪うカンナバーロに対して、ネスタはよりエレガントで読みが鋭いディフェンダーという印象でした。

 

 

現在の選手でいうと、レアルマドリードのヴァランを一回りスケールアップしたような選手です。

 

 

現在はストライカー全盛の時代です。クリスチアーノ=ロナウドは1試合に2点という恐るべきハイペースでゴールを量産しています。

 

シーズンの得点が30を超えるストライカーも珍しくなくなってきました。

 

かつての時代と変わったのはディフェンダーとディフェンスの質でしょう。

 

 

マンマーク中心だったディフェンスが、ゾーンディフェンスへと移り変わっていった過渡期の選手がネスタです。

 

 

マンツーマンディフェンスで育ち、選手として若いうちにゾーンディフェンスを習得した世代なのです。

 

結果として、マンツーマンに強い選手がゾーンで守るという、理想的な状態になりました。

 

 

当時世界最高のリーグと言われたセリエAの得点王が、20点前後の得点しかとることが出来なかったのは、
決して現在の選手に比べて能力が劣っていたのではなく、ネスタのような選手がゴール前にいたからに他なりません。

 

 

ネスタは読みの鋭さだけでなく、身体能力にも優れていました。持ち味はボールだけを奪い取る、
クリーンなディフェンスでしたが、必要とあれば相手のディフェンダーと競り合い自由にさせないことも出来ました。

 

 

特にそのスライディングは、あとから足が伸びているように錯覚するほどです。

 

 

体の軸はボールに向かっていないにも関わらず、
最後の最後で足がボールに向かって伸びているため、多くのストライカーが、何が起こったのか分からないままボールを奪われています。

 

 

ネスタのようなディフェンダーが、これからも生まれるのかどうかは分かりません。

 

ゾーンディンフェンスが主体となった結果、個々のディフェンダーの一人で相手を止めるマンツーマンディフェンスの力は低下傾向にあるからです。

 

 

クリスチアーノ=ロナウドやメッシのような超人的なアタッカーを見ていると、
カンナバーロ、ネスタ、ブッフォンで形成されていたイタリア代表であれば、
どのように立ち向かのかと考えてしまいます。

 

 

そういう見果てぬ夢のような対戦を想像させてくれるだけの力が、ネスタにはあったといえるのではないでしょうか。

 

 

ネスタの凄さがありありと分かる動画

 

 

サッカーブックメーカーを利用するとサッカーを10倍楽しめる!

サッカーブックメーカーを利用するファンは、
試合の結果が自分とリンクするので

超熱い応援が可能ですw

体験ない人は是非試してみてください
(20才以上限定)

サッカーブックメーカーの登録方法がわからない?
と、言う方は、下記に詳しく説明していますのでご参照ください。

サッカーブックメーカー始め方

サッカーブックメーカー登録方法

ブックメーカーの登録はとても簡単に出来ます

サッカー観戦がより熱くなるので面白いですよw