サッカーブックメーカーコラム ミランは育成・再生チームになれるか

ミランは育成・再生チームになれるか

トーレスは今度こそ復活できるのか

ミランは育成・再生チームになれるか

 

 

 

 

ACミランといえば、欧州にその名がとどろく名門チームです。

 

 

ですが、現在のACミランは残念ながら欧州のトップチームとは言い難く、セリエAでもチャンピオンズリーグ出場権を争う、第二集団のチームになっています。

 

 

 ミランは現在特徴的な補強を行っています。低い移籍金・フリートランスファー・レンタルで旬を過ぎたトップ選手やワールドクラスに一歩届かない好選手を獲得するというやり方です。

 

 

旬を過ぎた選手に当たるのが、トーレス、カカ、ロビーニョ、マケレレ等です。

 

ワールドクラスに一歩届かない選手というのが、バロテッリ、本田、メネズ、ラミ、等になります。

 

 

移籍市場に投資している金額はかなり少ないので、
『買い物上手』と言えなくもないのですが、昨季の結果を見る限り『安物買いの銭失い』である感も否めません。

 

 

とにもかくにも、そういった中堅どころの選手が多い以上はミランとしては、
チームの中でワールドクラスの選手に輝きを取り戻させる、ないしは中堅選手がさらに活躍してワールドクラスになるという展開を望んでいます。

 

 

その先には、その選手を売却してさらに売却益を得るという狙いがあるはずです。

 

 

そういった現在のミランの育成ターゲットがエルシャーラウィ、再生ターゲットがトーレスと言えるでしょう。

 

 

エルシャーラウィはミラン期待の若手です。

 

しかし2012-13シーズンの前半にまばゆい輝きを放ったきり、停滞してしまいました。

 

先日のリーグ戦で1年半ぶりのゴールを決めて、復活の兆しはありますが、まだまだワールドクラスの選手とは言えないでしょう。

 

 

エルシャーラウィは左ウィングでスピードに乗った突破力と、距離を苦にしないシュート力が特徴です。

 

左サイドから中にカットインをして、左の45度のペナルティーエリアの少し外ぐらいから狙うシュートは、絶品です。

 

ポジションこそ違えど、デルピエロゾーンを彷彿とさせます。

 

 

エルシャーラウィはそのプレイの特性上、4-3-3の左ウィングしか生きるポジションがありません。

 

さらにセンターフォワードがペナルティエリアに留まるような選手だった場合、
コンビネーションなどで崩すスキルをまだ持たないため、活躍する事ができません。

 

バロテッリが移籍してから、ゴールがなくなったのは間違いなくそのことが原因でしょう。

 

そういう意味でエルシャーラウィの復活のカギを握るのはセンターフォワードです。

 

エルシャーラウィを活かせるタイプのセンターフォワード、つまりペナルティエリアの周囲を動き回るタイプ、
ないしは中盤まで下がる偽9番タイプのセンターフォワードが定着すれば、復活の可能性は高まります。

 

 

そのセンターフォワードで復活を求められているのがトーレスです。

 

当時のプレミアリーグ最高額でリバプールからチェルシーに移籍し、そのあと鳴かず飛ばずだったため不良債権の印象が強い選手です。

 

 

トーレスの復活に必要なのは、中盤から一気に裏のスペースにパスを出せる選手です。そういったパスがあれば、持前のスピードとテクニックを活かすことが出来るはずです。

 

幸いミランにはモントリーヴォがいます。トーレスにとってはモントリーヴォが復帰してからが、復活のための正念場になるでしょう。

 

裏に抜けたとして、後はゴールが決まるかどうかですが、そのあたりはかつての決定力を取り戻してくれるよう祈るしかありません。

 

ACミランはエルシャーラウィとトーレスという素材を、ワールドクラスの選手として活躍させることが出来るのでしょうか。

 

ミランこれから少ない予算でチームとしての伝統を守っていくためには、この二人の躍動が欠かせないはずです。

 

ミランの育成が問われるエルシャーラウィ

サッカーブックメーカーを利用するとサッカーを10倍楽しめる!

サッカーブックメーカーを利用するファンは、
試合の結果が自分とリンクするので

超熱い応援が可能ですw

体験ない人は是非試してみてください
(20才以上限定)

サッカーブックメーカーの登録方法がわからない?
と、言う方は、下記に詳しく説明していますのでご参照ください。

サッカーブックメーカー始め方

サッカーブックメーカー登録方法

ブックメーカーの登録はとても簡単に出来ます

サッカー観戦がより熱くなるので面白いですよw

関連ページ

エンリケはバルサの何を変えたのか
マンチェスターユナイテッドがファンハールに求めるもの
名監督アンチェロッティの矜持
バロテッリのラストチャンス
カシージャスは今でも聖イケルなのか
イスコ~天才が復活するために必要だったこと~
好調サウサンプトン
2014注目プレイ~オカカのポストプレイ
バロンドールは誰だ
マンチーニのインテル復帰
冬の移籍市場の注目チームは
2014注目プレイ~ショーのディフェンス
ローマの王フランチェスコ=トッティ
ミランは蘇るのか
カリム=ベンゼマ~アンチエゴイズム
クロースのポジティブトランジション 2014注目プレイ
誤審はサッカーの一部なのか?
マテューのスライディング 2014年注目プレイ
レアルの実験1(@VSアトレティコ)
レアルの実験2(@VSデポルティーボ)
ランパードの凱旋
ベイルのパス ヨーロッパサッカー注目プレイ2014
アーセナル 本領を発揮できないチーム
クラシコ直前予想
パリサンジェルマンはビッグイヤーを取れるのか
ジルビーニョのドリブル 2014注目プレイ
クラシコ観戦結果
マンチェスターダービーの注目ポイント
ローマの負け方
フェライニのフィジカル 注目プレイ
注目の第2GK
ナポリの復活
アーセナルの憂鬱
シャビ=アロンソの守備 注目プレイ
クリスチアーノ=ロナウド好調の理由
黄金期を迎えたマンチェスターシティ
悩めるミラノ インテルミラノ・ACミラン
ファルカオの駆け引き 注目プレイ
蘇る赤い悪魔~マンチェスターユナイテッド~
古豪リバプールが優勝できない理由
アトレティコの連覇の可能性
ミルナーの万能性と献身性 注目プレイ