アジアカップ2015注目マッチ:オーストラリアVS韓国(1.17)

注目マッチ:オーストラリアVS韓国(1.17)

アジアカップのグループステージで最大の注目マッチは、オーストラリアと韓国の対戦でしょう。

 

注目マッチ:オーストラリアVS韓国(1.17)

(ソン=フンミンがどれだけサイドを押し込めるか?)

 

ホームのオーストラリアに対して、韓国がどのように立ち向かうのかが注目されます。

 

 

懸念としてはグループリーグ最終戦であるため、
両方の勝ち抜けが決まっている場合は、少し気の抜けた試合になる可能性があります。

 

 

しかし逆に、予選突破がかかった試合になった場合は、レベルの高い好勝負が期待できるはずです。

 

 

オーストラリアと韓国は共にフィジカルの強いチームです。

 

とはいえ特徴が若干異なり、体格に優れるオーストラリアと、あたりが強くプレスの強度が高い韓国と言えるかと思います。

 

 

激しい競り合いが展開される中で、カギになってくるのは決定力とテクニカルな面になるでしょう。

 

 

単純に予想すれば、オーストラリアは守備をベースにハイボールやロングボールを主体に闘いたいはずです。

 

 

中盤で韓国の選手と競り合えば、ボールロストからのショートカウンターのリスクが高まるからです。

 

 

ロングボールを送って、FWのケイヒルに収めた後、改めて攻撃の形を作るか、そのままシュートにいってしまうとういやり方が最も効果的です。

 

 

中盤から崩すにしても中央のスペースを無理に使うよりは、サイドから攻略してクロスを上げる方が確実でしょう。

 

 

逆に韓国は中盤での押し合いに持っていきたいはずです。

 

単純にシュートにいかせずに、一旦戻させることで、中盤での競り合いの状況を作り出せます。

 

 

韓国にはソン=フンミン、ナム=テヒといったテクニカルなアタッカーが揃っています。

 

 

中盤でボールを奪って、ボールを持って前を向けば、
攻撃にかける人数が少なかったとしても、ゴールを脅かすことが可能なはずです。

 

 

速攻が失敗したとしても、足元でボールを回すことでオーストラリアの高さの優位を出させずにゲームをすすめたいところです。

 

 

試合の鍵となりそうなのが両サイドの攻防です。韓国の攻撃のかなめはソン=フンミンとイ=チョンチルになるはずです。

 

 

オーストラリアもオアーとクルーズの両サイドからケイヒルにボールを送り込みたいはずです。

 

 

どちらかのチームがサイドで優位に立った場合、
対応するチームのウィングが守備に回らざるを得なくなり、攻撃が停滞して一方的なゲームになる可能性があります。

 

 

それだけに守る側の両サイドバックがどれだけ相手のウィングを止めることができるのかに注目です。

 

その意味ではやや有利なのは韓国かもしれません。

 

アジアの強豪2チームのぶつかり合いです。

 

 

アジアのレベルを測ることにもなる試合といえますので、是非好ゲームを期待したいところです。

注目マッチ:オーストラリアVS韓国(1.17)

(オーストラリアはどれだけケイヒルにボールを集めることができるか?)

サッカーブックメーカーを利用するとサッカーを10倍楽しめる!

サッカーブックメーカーを利用するファンは、
試合の結果が自分とリンクするので

超熱い応援が可能ですw

体験ない人は是非試してみてください
(20才以上限定)

サッカーブックメーカーの登録方法がわからない?
と、言う方は、下記に詳しく説明していますのでご参照ください。

サッカーブックメーカー始め方

サッカーブックメーカー登録方法

ブックメーカーの登録はとても簡単に出来ます

サッカー観戦がより熱くなるので面白いですよw