アジアカップ2015 香川真司

注目日本人選手:香川真司

日本人選手の中でも最も注目を集める選手の一人が、香川真司でしょう。

 

注目日本人選手:香川真司

(インサイドハーフで新境地を開いて欲しい)

 

 

今シーズンの香川真司は所属するドルトムントの低迷と同じくして、絶不調と言ってもよいシーズンを送っています。

 

 

そんな香川が不慣れなインサイドハーフというポジションで起用されることが予想される今回のアジアカップで、
フィットしないまま終わるのか、それとも新境地を切り開くのか、ファンならずとも気になるところです。

 

 

 

正直に言えば、香川がインサイドハーフで成功する可能性はそれほど高くないでしょう。

 

そもそも香川が活躍してきたポジションはトップ下であり、
プレッシャーのかかる密集地域の中でテクニックと創造性を発揮する事が強みです。

 

 

転じてインサイドハーフというのは中盤でゲームを作りながら、
タイミングをみて前線に飛び込みアクセントになるという役割です。

 

 

自陣のゴール近くから敵陣のペナルティエリア近辺の広いエリアをカバーし、守備と攻撃の両面での貢献が求められます。

 

 

守備という意味では体格に劣る香川はそれだけで不利と言えます。

 

また瞬間的なスピードはありますが、スプリントを得意とするタイプではないため自陣から敵陣の広い範囲をカバーできるのかどうかも未知数です。

 

 

相手のハードマークをかわしたり、逸らしたりすることが香川の真骨頂ですが、
中盤では相手は常にリトリートを意識しながら守ってきますので、そういった持ち味を生かせる場面は限られるはずです。

 

 

では香川に期待されることは何なのかというと、

 

そのテクニックと運動量で中盤を活性化する事です。

 

具体的にいえばボランチのポジションに入る長谷部が配給するボールを受けるために中盤で動き回りフリーになること。

 

ボールを受けたらそれを周囲にいる味方に送る事。この二つが中心になるでしょう。

 

香川程のテクニックがあれば技術的にはその役割をこなすことができるはずです。

 

また、香川は試合中の走行距離は非常に長い選手です。

 

 

常に中盤を動き回ってボールを受けることは可能なはずです。

 

 

ただし求められたことがクリアできたからといって、香川が活躍できるかというと其れはまた別の話です。

 

上記の役割をクリアするだけであれば、香川でなくても可能です。

 

香川に求められるのはその役割をクリアしたうえで、ペナルティエリアまで侵入し、得点に直結するプレイをすることです。

 

4-3-3のフォーメーションであればインサイドハーフがバイタルエリアに侵入するスペースはあります。

 

 

そのまま中に侵入する事で、攻撃時にはトップ下のように振る舞う事も可能でしょう。

 

攻撃で活躍すれば、守備に関する役割に関しては、ある程度許容されるのではないでしょうか。

 

 

香川が新しい日本代表で、どういった役割を担い、どれほど輝くことができるのか、注目です。

 

 

良い時の香川の動画。ただしポジションはトップ下かウィング

サッカーブックメーカーを利用するとサッカーを10倍楽しめる!

サッカーブックメーカーを利用するファンは、
試合の結果が自分とリンクするので

超熱い応援が可能ですw

体験ない人は是非試してみてください
(20才以上限定)

サッカーブックメーカーの登録方法がわからない?
と、言う方は、下記に詳しく説明していますのでご参照ください。

サッカーブックメーカー始め方

サッカーブックメーカー登録方法

ブックメーカーの登録はとても簡単に出来ます

サッカー観戦がより熱くなるので面白いですよw