2014-15リーガエスパニョーラ

2014-15リーガエスパニョーラ序盤戦レビュー

絶好調クリスチアーノロナウド

2014-15リーガエスパニョーラ

 

 

結局最後はレアルマドリード、バルセロナ、アトレティコマドリーの対決になるという見立ては、おそらく誰もが感じており、そして間違っていないと思います。

 

 

しかし、序盤戦のサプライズとしてバレンシアとセビーじゃの躍進に触れないわけにはいかないでしょう。

 

 

特にバレンシアはまだ試合には出場していない戦力として、マンチェスターシティから移籍してきたネグレドも控えており、
後半に向けた伸びしろも持っている状態です。

 

 

セビージャはいっぱいいっぱいな感じがありますので、この調子がどこまで続くかは怪しいですが、一試合ずつ粘り強く戦っています。

 

一試合ずつ戦うチームといえばアトレティコですが、バレンシアとの直接対決に敗れたこともあって、現在は5位に沈んでいます。

 

 

しかし、戦力的に考えれば最終的には上がってくるはずです。

 

不安があるとすれば昨季鉄壁を誇った守備がバレンシア戦で大きく乱れたことです。

 

 

とはいえ、不運なオウンゴール後に浮き足立っている間にやられた感じですので、すぐに立て直してくるでしょう。

 

 

 

バルセロナはチームがインテンシティ(激しさ)を取り戻しました。

 

 

チーム全体でディフェンスをする意識が浸透しており、前線からのプレスが機能しています。

 

 

注目選手はマテューとラキティッチの2人。両者ともディフェンスに関して非常に高い貢献をしています。

 

 

球際に強く、フィジカルな争いを制している姿は、昨年までのバルサにはあまりなかったものです。

 

 

レアルマドリードは早くも2敗して不安定な立ち上がりになっています。

 

 

守備面でのキーマンであるディ=マリアとシャビ=アロンソを失った影響でしょう。

 

アンチェロッティはチームのバランスを修正しようと色々と取り組んでいますが、今のところ明確な回答はないようです。

 

 

爆発的な攻撃力と、クリスチアーノ=ロナウドの活躍で勝ち点を稼いではいますが、このままでは取りこぼしの可能性も少なくありません。

 

 

上位進出し、バルセロナに追いつくためには、守備の安定が課題になるはずです。

 

 

前半戦のサプライズである、バレンシアとセビージャの選手が躍動している背景には、昨シーズンにバルセロナとレアルマドリーの2強に割って入ったアトレティコの影響があるはずです。

 

 

特にバレンシアは資金的にも期待が持てるチームです。

 

ひょっとするとリーガに4強時代が訪れるかもしれません。

 

そうなったら、より一層面白いリーグになるはずです。

 

バレンシアの躍進に期待しましょう。

 

サッカーブックメーカーを利用するとサッカーを10倍楽しめる!

サッカーブックメーカーを利用するファンは、
試合の結果が自分とリンクするので

超熱い応援が可能ですw

体験ない人は是非試してみてください
(20才以上限定)

サッカーブックメーカーの登録方法がわからない?
と、言う方は、下記に詳しく説明していますのでご参照ください。

サッカーブックメーカー始め方

サッカーブックメーカー登録方法

ブックメーカーの登録はとても簡単に出来ます

サッカー観戦がより熱くなるので面白いですよw